[素数大富豪]3TK's blog

主に素数大富豪のことについて書こうと思います。僕の記事が初心者さんの役に立てたら嬉しい限りです。 

素数大富豪同好会のオンライン新歓をやってみた話

f:id:hana3101382283:20201224101230j:image

この記事は素数大富豪 Advent Calendar 2020 - Adventarの23日目の記事です。昨日はOTTYさんの「ラマヌジャン革命での戦い方の考察」でした。革命戦術を使いこなす為にはマイナーな素数を覚える必要がありそうですね。

otty8121013.hatenadiary.jp

どうも、一応北大素数大富豪同好会の会長を務めている3TKです。このコロナ中でもなんとか新歓をしたいと思い、オンライン新歓をやりました。素数大富豪同好会初の試み(?)ということで、せっかくなのでオンライン新歓をやるまでの経緯・具体的なやり方と共に、やってみた感想などについて話そうと思います。参考になれば幸いです。

やることになった経緯

今年3月

  • 元会長のOTTYさんが就職のため横浜に移動することに。話し合いの結果、3TKが会長に。
  • 4月中の活動日を決定。

4月

  • コロナ感染者増加のため、北大新入生の授業開始がゴールデンウイーク明けに延期。それに伴い、同好会の活動も延期。

5月

  • 授業は始まったものの、全面的にオンライン。大学が対面のサークル活動を禁止していたので、またまた活動を延期。

6~9月

  • 活動せず。
  • 8月には人数制限有で運動系部活の活動が可能に、9月にはサークルも活動が可能に。しかしこの事を知ったのは10月になってから。
  • 3TKの学科の対面授業がスタート。実験だけでなく一部の座学授業も対面で行った。

10月

  • 1年生も対面授業がスタートしたので、ようやく同好会の対面新歓の計画を立てる。
  • 予約制にして11/9に行う事をTwitterで発表。申込者数4名。

11月7日

  • 道内コロナ感染者急増。それを理由に対面新歓も12/3に延期することに。オンライン新歓の話も上がったが、「面白くなさそう」「盛り上がらなそう」「ルール説明大変そう」「億劫」という理由で不採用。

11月22日(マスプライム杯決勝大会)

  • 再び大学が対面サークル活動を自粛するように、と発表。
  • 会場で話題に出る。
    • 3TK「今度の新歓も、また出来なさそうですね~(正直ホッとしてる)」
    • Aさん「いや、オンラインでやれよ」
    • Bさん「そうだよ。もう冬だし対面はもう無理だよ」
    • 3TK「(はぁ…やるかぁ…)」

 

こうして、オンライン新歓をやることになりました。

1回目(2020年12月3日)

準備

  • 同好会側は3TK、はち、けんさんの三人
  • 参加者は新入生3人(経験者2初心者1)
  • 活動時間は18時~20時の2時間
  • 初心者にはルール冊子を送信

    drive.google.com

  • ホワイトボード+赤ホワイトボードマーカーを購入

やり方

  • zoomで全員揃ったら自己紹介。「素数大富豪を知ったきっかけ」「(行きたい)学科*1」について話す。
  • 最初は素数大富豪オンラインを使わず、「各自トランプを用意して、各自の山札で対面っぽく素数大富豪をやる」というスタイル。4人でやって、二人あがったら止める。
  • 1試合終わったら「素数豆知識コーナー」といって、前の試合で出された素数に関連する、素数の紹介をする。それらはホワイトボードに書き、zoomに写して初心者のアシストをする。
  • f:id:hana3101382283:20201224101733j:image
    • 「〇さんが出した101ですが、これは四つ子素数といって101も103も107も109も素数ですよ」
    • 「△さんが出したQKは2枚出し最強素数で、順番にTK,9J…」
    • 「◇さんが出したQT1は三つ子素数といってQT7とQT9も素数です。これはそこそこ大きいし、偶数2枚も減らせるので良く使われますよ」など    
  • 残り30分になったら素数大富豪オンライン→部屋6(偶数半減)へ。*2
  • 8時になったら大まかな次の活動日を伝えて解散。

思ったこと

  • わざわざ申し込んでくれただけあって、参加者は皆楽しそうにやってくれた。やる前は「お葬式状態にならないかぁ…」と不安に思っていたけど、杞憂に終わってくれた。
  • 参加者人数は多過ぎない方が良いと思った。多くて4人かな?*3
  • 逆に同好会側は多い程良いと思った。
    • ゲームの進行役は3TKがやっていたけど、同時に素数判定役をやるのは頭も口も回らなかった。なので判定役は他の人に任せるのが良いと思った。
    • 3TKは元々コミュ力トーク力に自信が無い上に緊張していたので、進行に精一杯で余裕がなかった。だけど二人が適当に喋ってくれたおかげで沈黙状態は回避できた。沈黙状態だと余計緊張するデフレスパイラル
    • 一人でやるのは怖いと思う。…etc
  • 参加者は喋り辛そう。zoomの性質上、参加者(新入生)同士のみで会話できないのが、オンライン新歓のデメリットの一つ。新歓に行く理由の一つとして「新入生と仲良くなれる」というのがあるのに…*4
  • わざわざzoomを使わずとも「この時間に素数大富豪オンラインで待機してます。ルール冊子をリプに貼っておきます。遊びたい方は是非来てください」のスタイルも考えたが、
    • 参加者がルールを誤解していた場合に説明するのがダルそう。
    • ルールがあやふやなまま時間制限付でやるのはキツそう。
    • コミュニケーションツールがチャットなのは怖い。返信がないと何を思っているのかサッパリ分からない。
    • …などの理由で不採用。
  • zoom上で素数大富豪やるのは時間制限がないし、偶数半減も出来るし、自己紹介も出来るし、素数判定中のドキドキも味わえるしで、最初から素数大富豪オンラインに入るよりも良いと思った。*5
  • 上に書いたように参加者は皆意欲があるので、新歓3日前に送ったルール冊子を読んでくれた。そのおかげで初心者がいたのにも拘わらず、ルール説明を省くことが出来た。
  • 試合間の「素数豆知識コーナー」は参加者に素数を覚えてもらえるし、ただ試合を続けるだけのマンネリ状態を防げるしで一石二鳥。*6
  • 偶数半減の部屋6は4人でやると初期手札7枚になるため超初心者向き。3人しかいなかったら経験者が二役やるのが良いかも。
  • 素数大富豪でせっかく初心者が全出し(4枚)であがっても微妙な反応になりがちだから、驚く練習とかした方が良いのかな?
  • 素数大富豪界隈には年上しかいなかったのもあって、つい敬語口調で喋ってしまった。タメ口で良かったかも。
  • なんだかんだ僕も楽しかった。
  • 「やってよかった」と思えた。

2回目(12月15日)

準備

  • 思ってた以上に好評だったので、もう1回やることに。
  • 11/9にの新歓に参加要望してくれたのに12/3に変更されたせいで出られなくなった方がいたので、その人に合わせて日程を調整。
  • 参加者は経験者2人のみ。しかも一人は1回目にも来てくれた経験者*7、もう一人は去年何度か来てくれた在校生。
  • やり方は1回目と全く一緒。

思った事

  • 参加者二人共顔見知りだったのもあってか、1回目と異なり参加者が積極的に喋ってくれた。
  • 1回目では1回ツイートしただけで4人から参加要望来たのもあり、もう一人くらい来て欲しかった。毎日リツイートや宣伝したのになぁ…
  • 皆楽しそうにやってた。
  • 「やってよかった」と思えた。

アンケート紹介

「オンライン素数大富豪でも楽しめたのか」「やりにくくなかったか」など色々気になったので、参加してくれた皆さんにアンケートを取ってみました。

オンライン新歓には満足していただけましたか

f:id:hana3101382283:20201224082742p:plain

この結果に僕も大満足です!

オンラインです素数大富豪はやりにくくなかったですか?

f:id:hana3101382283:20201224083007p:plain

1が「やりにくかった」で、5が「やりづらさは感じなかった」です。5がいないということは、皆少なからずやりにくさを感じているということです。対照的になってるのが面白いです。

今日覚えた素数!大きい素数を覚えたことを皆に自慢しよう!

QT9やKKJ、四つ子素数は「素数大富豪豆知識コーナー」で紹介した素数です。教えた甲斐がありました。

589QKや24K4TKは紹介した覚えがありません。全出しからの出会い素数なのだと思います。

感想をお願いします

  • リアルのトランプを使って、オンライン上で素数大富豪をやるのは初めてだった。ちゃんとしたトランプを買おうかな。
  • 皆、沢山の素数を覚えていて凄い。
  • オンラインは慣れていないので上手く話せなかった。対面でもやりたい。
  • とっても楽しかった。素数を覚えていることが前提のゲームだけど、色々素数を教えてくれたおかげで自分も楽しめた。

匿名だから何書いてもいいよ、とも書いたのにも拘らず批判などはありませんでした。改善には繋がらなそうですが、嬉しかったので全然いいです。

まとめ

本来なら4月から食堂とかで対面新歓を行っていたのですが、コロナのせいで禁止されてしまったのでオンラインで新歓をやることになりました。

北大素数会のオンライン新歓には合計4人の方に来てもらいました。僕はお葬式状態になる気がしてとっても不安だったのですが、参加してくれるだけあって皆意欲は高く、進行がグダグダでも楽しんでくれます。僕の予想になりますが、素数大富豪をやりたくてしょうがなかったのでしょう。

もちろん対面には及びませんでしたが、ZOOM素数大富豪も中々楽しかったです。「素数大富豪」の観点だけで見ると、問題なく行えます。*8

対面新歓>オンライン新歓

だけど

オンライン新歓をやる≫新歓をやらない

だと思いました。

新入生の中に素数大富豪をやりたい人が一人はいると思います、その人の為にオンライン新歓を催してあげましょう。また、素数大富豪をやりたいなと思ったら、オンライン新歓を計画してみましょう。

別にトーク力なんて必要ありませんし、進行がグダグダでも構いません。なんとかなります。ルール説明はルール冊子を送るだけで大丈夫ですし、素数判定もスマホさえあれば大丈夫です。適当に告知ツイートをすれば素数大富豪界隈の方々がリツイートしてくれるので無視されることもありません。

前述したように一人ぼっちは寂しいし心細いので、誰かに手伝ってもらいましょう。友達に頼むのが好ましいと思いますが、全員に断られるかもしれません。「それでもやりたい!」と思うのであれば次に素数大富豪界隈の仲良い人・有名な人・優しそうな人に頼んでみましょう。絶対誰かしらは手伝ってくれます。みんな優しいので。

ぶっちゃけ来年4月にはコロナが収まっていて「へー、素数大富豪のオンライン新歓なんてした人がいたんだ~」というだけの記事になってる方が嬉しいのですが、残念ながらむしろ増加している可能性もあります。その時にはこの記事を参考にしてオンライン新歓を催してみて下さい。

この記事はこの辺で終わりにします。素数大富豪 Advent Calendar 2020 - Adventar、次回の記事はマリンさんの「overKKQKJ特集~5枚オバケの有用性~」です。元5枚出し戦法を好んでいた3TKにとって、overKKQKJの登場には少し悲しさを覚えます…

marinnonikki.hatenablog.com

ご精読ありがとうございました!

*1:前期で受かった北大理系は「総合理系」と言って、いわゆる進振り制度です。希望学科に行くためには大学入学後もそれなりに勉強しないといけません。僕は楽だと言われる学科に入るために頑張りました。

*2:変える意味もないのですが、紹介的な意味と僕が飽きてきたので雰囲気変えの意味も兼ねて

*3:残念ながら5人以上応募してくれることは無いと思っていますが、万が一なった場合には未経験者を優先しましょう。それで次のオンライン新歓日を、溢れた人が参加できるように話し合って決めるのが良いと思っています。

*4:因みに3TKにも新歓でライン交換した友達がいたのですが、1か月経つと、その子は「LINEマンガを早く読むためにおススメを送りやすい相手」となり、向こうからはブロックされました。

*5:二世さんのアイデアです。アドバイス有難う御座いました。

*6:会話のネタになる事も踏まえれば一石三鳥。さすがに漫画やゲームの話をするわけにもいかないし。

*7:実をいうと、新歓をやろうと思ったきっかけは、彼が『1年生も対面授業が開始されたのですが、同好会活動はまだ難しいのですか?』とLINEしてくれた事です。対面で行えなかった事が気掛かりです。

*8:前述のようにZOOMの仕様上、一部だけで話が出来ないのが最大の問題点です。あと活動後にご飯行けない。

1年でいくつの素数を覚えられるのか

この記事は素数大富豪 Advent Calendar 2020 - Adventarの12日目の記事です。昨日はtatyamさんの記事でした。

 

3TKです。今年の春から新しいサークルに入ろうと思っていたのですが、候補のサークルがどこも新歓すらしてくれないので結局素数大富豪同好会のみとなってしまいました。僕らも全然活動出来ず、進振りでは楽だと言われる学科に入ったので、今年は忙しくない大学生活を送っていました。暇つぶしに麻雀ハマって、「教養だ」と言って漫画を200冊くらい読んで、適当にyoutube見て、オセロにハマって、対面授業始まったら友達とブラブラして、アニメ見て、学科の友達とカタン桃鉄*1やって…後は素数を沢山覚えました。大会で優勝するために!

それで、1年間でどれだけ素数を覚えたのか気になったので、調べてみました。この記事では「過去記事を振り返りながら、どのような素数をどれだけ覚えたのか」を見ていこうと思います。

概要

  • 最初の記事投稿日(2019年12月12日)~マスプライム杯決勝日(2020年11月22日)までに覚えた素数の数を調べる。2019年12月12日以前に覚えた素数はカウントしない。よって5枚出し素数はノーカウント。

    hana3101382283.hatenablog.com

  • 大体で数えていく。「889271」などの出会い素数や、「8KQJJQK」など知ってるけど紹介に困る素数は面倒くさいのでノーカウント
  • 今覚えていなくても、1回はちゃんと覚えられてたらカウント
  • 一応、覚えた順番で紹介
  • 3TKは素数大富豪歴1年半です

それではスタートです。

nishimuraさんの9枚11桁(2月)

searial.web.fc2.com

いきなり人のMy素数を扱ってしまいましたが、これらは「僕が初めて覚えた9枚出し素数」ということで思い入れがあるため、紹介します。

この記事では「尻尾にTK,JJ,QJ,QK,KKのどれをつけても素数になる数字」が紹介されています。僕はその中の5つを覚えました。

同月にあった札幌杯・無差別級のtsujimotter戦ではこの素数が決め手となり、勝利を収めました。

f:id:hana3101382283:20200309174657p:plain

計5*5=25個

6枚出し素数(2月)

札幌杯で少しでも勝つ可能性を高めるために6枚出しに手を付けました。四つ子素数を12種、KKKQQJなど12桁素数を6個覚えました。

6枚四つ子~12*4=48個

6枚12桁~6個

計54個

9枚四つ子素数(3月~)

先程のnishimuraさんの記事に「初手7.8枚は普通に返されるけど、9枚なら流石に勝ちに繋がりました」という言葉がありました。それを見て「あれ?9枚出しを沢山覚えれば、強い人にも勝てるようになるんじゃね!?」と思い、手を付け始めました。

hana3101382283.hatenablog.com

 記事も書いてます。

やる気が出たら探索して覚え始め、飽きたらやめて、またやる気が出たら覚え始めて~の繰り返しです。今現在(2020年12月)では頭に「2T8(ふたば)」「3910(さくひま)」「8T6(蛍)」「TKA3(つかさ)*2」が付く9枚四つ子素数は全て網羅し、「446(シズル)」はある程度網羅、「55A(ココア)」は探索してそれっきりです。*3

初手に出すのは勿論、相手の手札が7枚以下の時にも役立ちます。

ふたば~28*4=112個

さくひま~42*4=168個

蛍~28*4=112個

つかさ~15*4=60個

シズル~29*4=116個

計568個

4枚二刀流(5月)

hana3101382283.hatenablog.com

 先行勝率大幅UP!隙を与えない二刀流戦法!最近は3枚二刀流・5枚二刀流など派生戦法も出てきて、発祥者としては嬉しい限りです。*4

余談ですが、「二刀流」は我ながらネーミングセンス抜群だと思います。こなたさんに勝つための戦術だったので、候補に「こなた切り」が在ったのですが、没になりました。

KJQJ~65個

KJTK~28個

KTQJ~61個

計154個

7枚出し(7月)

hana3101382283.hatenablog.com

hana3101382283.hatenablog.com

 上の素数をある程度覚えていれば24枚も簡単に組み切る事ができる、中級者レベルアップ用素数です。便利です。

7枚四つ子~41*4=168個

7枚14桁~13個

計181個

17.18枚四つ子素数(9月~)

f:id:hana3101382283:20201213150857p:plain

「マスプライム杯で出したら、驚いてくれるだろう」と思い、手を付け始めました。その結果予選で1回は出せたものの決勝では出せず、最大素数は出会い素数となってしまいました…

覚えたのは「3282T81T8(みつばふたばひとは)」「シズルコッコロミサキ(446556339)」「さくひま綾乃千歳(39T1827T7)」から始まる四つ子素数などです。他にもありますが、使ったことがありません。

計88*4=352個*5

全て足して

25+54+568+154+181+352

合計1334個

なんと1000個以上覚えたことになりました。ビックリです。この素数知識量を他で活かせないかぁ…

おわりに

コロナに散々振り回された2020年、皆さんはどの位素数を覚えたでしょうか?僕より覚えた人もいるかもしれません、是非調べてみて下さい( ^^)

素数の数だけ強くなれるよ。」

 岡本真夜さんが仰る様に、素数を覚えれば覚える程、出す素数の選択肢も広まって、勝率も上がるのが素数大富豪です。素数を覚えるのは苦痛ですが、沢山覚えると様々な戦法で勝てるようになり、より面白くなること間違いなしです。勝ちたいなら頑張って素数を覚えましょう。

 

 

この記事はこの辺で終わりにします。明日は岩淵さんの記事です。

ご清聴ありがとうございました。

*1:桃鉄、最初は麻雀と同じで「実力+運ゲー」の部類だと思っていたのですが、数回やってみると素数大富豪と同じ「知識量+運ゲー」の部類だと思わされました。素数大富豪プレイヤーなら誰もが得意のジャンルだと思うので、友達とやる約束をしたら是非予習をして、圧勝を目指しましょう。

桃鉄は友情破壊ゲー」と言われてますが、流石にゲームなんかで友情は消滅しないので、好き勝手やって楽しみましょう。

*2:「2KK」にしなかったのはミスです。出しにくい素数になってしまいました。

*3:どんな漫画もいずれは冷めるから、という理由でそれぞれ違う作品の中からキャラを選んでいます。どれも大学生時にハマってしまった作品です。

*4:実はかなり前にもりしーさんとOTTYさんが443KJQJについて話していたのを小耳にして制作したので、本来その二人発祥と言うべきなのかもしれません。が、広めたのは僕なので発祥者を名乗っときます。

*5:残念ながら、実戦で使えるレベルには達していません…

素数大富豪 蝉王戦 自戦データまとめ

1.試合結果

予選

1試合目 vsカステラさん 敗北(0-2) 先手負 先手負

2試合目 vsもりしーさん 敗北(0-2) 先手負 後手負

3試合目 vsけんさん 敗北(1-2) 先手勝 後手負 後手負

4試合目 vsはちさん 勝利(2-0) 後手勝 先手勝

5試合目 vstatyamさん 勝利(2-1) 後手負 先手勝 先手勝

6試合目 vsししとうさん 勝利(2-1) 後手負 先手勝 後手勝

通算成績:3勝3敗

成績:予選敗退

セットごとに見ると

先手:5勝3敗

後手:2勝5敗

合計:7勝8敗

2.出した素数の紹介!

f:id:hana3101382283:20201007202655p:plain

蝉王戦で出した素数まとめ。予選落ちしたためか、前回と比べて大分少なくなりました。

おススメ素数

  • 85429…奇数1枚だけの素数。[8452x]にはx=1.3、[8542x]にはx=7.9.K、実質五つ子素数
  • TTT3K…[TTTxK]にはx=1.3.7が入ります。実用性はともかく、面白い素数です。
  • KKQTJ…つよい。先手時、手札にKKQTJがあれば迷わず切り札にして組み切りましょう。
  • 397468x…「咲くな白歯」。奇数4枚も消費するのに何故か便利で大好きな四つ子素数。偶数消費型四つ子素数の[523468x]や[892645x]よりも出してるかも。
  • 69QTJKx…7枚四つ子素数二刀流の素数表には[169]と[KTQJ]の組み合わせは無いが、この四つ子素数を用いて二刀流が出来る。
  • 98765431…すんなり覚えられる8枚素数。マモさんのブログ記事で覚えました*1

    mamo0283.hatenablog.com

  • 4468225Q7x…御馴染みのシズル四つ子素数、「シズルはににこクイーン」*2
  • 2T89445Tx…ふたば四つ子素数、「ふたば串よ後藤」です。
  • 4465KJJ1x…シズル四つ子素数です。この大会では8枚出し[4465KJJJ]として出しました。
  • 39T61JJTx…さくひま四つ子素数、「さくひまロイJJT」です。
  • 1431169T963572T8x…らき☆すた四つ子素数の「泉柊高良雑魚なふたば」です*3

以上です。

終わりに

マスプライム杯決勝に運良く*4勝ち進めたので、優勝を目指して頑張ります。

そういえば、先日に私用で東京に行ったついでに、横浜赤レンガ倉庫を訪れました。

f:id:hana3101382283:20201010102243j:plain

赤レンガ倉庫。中はショッピングモールでした。

横浜赤レンガ倉庫は「サルゲッチュ ミリオンモンキーズ」というアクションゲームのステージ「コンテナターミナル」のデザイン元となってまして、昔そのゲームをやり込んだので感慨深かったです。

f:id:hana3101382283:20201010102215j:plain

この何の変哲もない橋ですが、これがステージの切り替え地点となっていたとかいなかったとか。小学生の時に発売されたゲームなので、本当に懐かしいです。

あとは臨港パーク、みなとみらいの69階のタワー、ごちうさイベントやってた渋谷マルイ、(素数大富豪をやるために)横浜駅を訪れました。久しぶりの旅行は解放感も伴って楽しかったですが、そもそも横浜には実家(東京の西側)から1時間で行けるので、別の所に寄れば良かったなぁ(*´ω`)というのが正直な感想でした。またの機会があれば、次は埼玉に行ってみようと思います。

ちなみに1時間で行ける実家には寄りませんでした。わざわざストレスを溜めに行く必要もないでしょう。もう8か月は会ってませんが、全く恋しくありません。

この記事はこの辺で終わりにします。

ご精読ありがとうございました。

*1:マモさんも蝉王戦に出ており、見事予選突破をしました。他の大会でも無双しています。

*2:「シズル」というのは、主人公のことが大好きの可愛い女の子が沢山出てくるアニメRPGアプリ「プリンセスコネクト!Re:Dive」に出てくるプレイアブルキャラの一人です。「プリコネ」というゲームは今年で2.5周年を迎えた大人気作で、人気声優沢山のフルボイスなストーリー、ゲーム性は単純操作で爽快感抜群、寒中見舞いや七夕等の理由だけで10連ガチャ分の石をくれるお陰で無課金でも全然楽しめる神ゲーです。暇潰しになりそうなゲームを探している、そこのアナタ!始めてみませんか?

 

プリンセスコネクト!Re:Dive

プリンセスコネクト!Re:Dive

  • Cygames, Inc.
  • ゲーム
  • 無料

apps.apple.com

神ゲーなのにも拘わらず、僕の知り合いには話が通じる人がいなくて困っているのです。

*3:本当はメインキャラクター4人の名前を入れた四つ子素数「こなたつかさかがみみゆき~」を覚えたかったのですが、3やKを大量に使う為実用性がイマイチなのでやめました。「泉柊高良」というのは、メインキャラクター4人(つかさとかがみは双子)の苗字です。

*4:22枚出しのHNPを決めて勝ちました。

3TKの7枚出し講座②・7枚14桁素数

どうも、3TKです。最近はプリコネばっかりやってます。何人分のキャラストーリーを見たでしょうか、人見知りの子と二人で冒険したり金髪の同級生と無人島に遭難したりしてます。先日にはプリコネの女の子達が描かれたタペストリーを買ってしまいました。ヤバいですね。

来週には、ついに!劇場版『メイドインアビス「深き魂の黎明」』のBlu-rayとDVDが販売されますね!僕は作品で一番ボンドルドが好きなのもあり*1*2、楽しみにしてます*3

そして今月26日(土)にマスプライム杯が開催されますね。楽しみです。

miabyss.com


この記事では「7枚14桁素数の紹介」、「7,7,7,3の組み切りのコツ」について紹介します。これで貴方も7枚マスター!

7枚14桁素数

まずは素数表を見て下さい。

f:id:hana3101382283:20200914104506p:plain

以下説明です。

  • これは7枚14桁の完全上位互換をまとめた素数表。全部で45種類。
  • 左の表は素数の大きい順に並べ、横に「その素数を作るために必要な絵札」を入れた表(例:素数[KKKKQTJ]を作るためにはK4枚、Q1枚、J1枚、T1枚必要)
  • ピンク色の素数は「自分がKとX(ジョーカー)を合わせて3枚持っている時、出せば100%流れる」素数しかし相手がK3,Q2,J2を持っていれば相手に先に[KKKQQJJ]を出される可能性があり、その場合はパスせざるを得なくなる(自分の手札にQorJが3枚以上あれば、その心配は無くなる)。
  • 水色の素数は「自分がKとXを合わせて4枚持っている時、出せば100%流れる」素数相手が先にKKQJQTJを出す可能性はあるが、上記のKKKQQJJとは異なり、何かしらの素数で返すことが出来る。
  • 右の表は「その絵札7枚で作れる素数」を探す表(例:[K4枚、Q2枚、T1枚]を持っていれば素数[KKKQQTK]が出せる)。K>Q>J>Tとして、強い順に上から並べている。
  • 赤色の素数はその7枚の絵札の組み合わせで作れる最大の奇数。覚えやすい。
  • 黄色の素数はその7枚の絵札の組み合わせで作れる2番目に大きい奇数。やや覚えやすい。
  • 橙色の素数はその7枚の絵札の組み合わせで作れる3番目に大きい奇数。

以上が説明でした。

覚えて欲しいのはピンク色素数水色素数の14個です。他は要りません。もちろん覚えるに越したことは無いのですが、次の「7枚出し戦法」において使えない素数なので、ここでは一旦保留にします。

7,7,7,3の組み切りのコツ

ここからは「初手全出しして24枚ある手札を7枚→7枚→7枚→3枚で組み切るコツ」について、実戦を交えながら説明します。

7枚出し戦法をするにはピンク色素数または水色素数を出せる事が大前提です。

実戦①

f:id:hana3101382283:20200914210055p:plain

 これは先日のHNP杯*4のなきゃのさんとの対戦場面です。先手のなきゃのさんが2回全出しして手札30枚、僕が1回全出しして手札24枚、という状況です。

この時KとX合わせて4枚持っているので、上の素数表のピンク色素数もしくは水色素数を出せば場を流すことが出来ます。ここでは[KKKTTTJ]を切り札として運用しました。

次に、手札に1~Tの10種類の数字中から何種類あるか確認しましょう(もしXを持っていて、かつそのXを切り札に使わないのであれば1種類とカウントしましょう)。もし6種類以下or(7種類の時は1枚引いて)8種類にならなければ7枚戦法は断念しましょう。

というのも、

f:id:hana3101382283:20200824125222p:plain

前回の記事のこの表の素数を使いながら手札を減らすからです。もし7種類しかなければ実質1つの素数しか出せないことになり、場にある数字より大きい素数を出さなければならない仕様上、相手に返されたら続かないからです*5

上の場面では1~9+Xの10種類持っていたので、7枚出し戦法をすることに決めました。

最初の7枚素数は出来るだけ2枚以上ある数字を使いましょう。というのも、1枚しか無い数字を使ってしまうと手札の数字の種類が減ることになり、結果2手目のの7枚素数の選択肢が減ってしまうからです。上の場面では3.4.6.7を2枚以上持っていたので、その4枚を使う四つ子素数「397468x(咲くな白歯)」を出しました。

f:id:hana3101382283:20200914213929p:plain

四つ子素数のXには1.3.7.9から自由に選べるので、沢山あるのを使いましょう。ここでは3枚ある3を選びました。

また、時間ギリギリ*6まで素因数分解を利用して、次に出す7枚素数を考えましょう*7ここでは1~7を持っているので[5274163]を出せば良さそうに見えますが、もし相手が[892645x]で返して来たら出せなくなるので、2回目の7枚出しはTを使って7枚8桁素数を出せればベターです*8。かと言って[7T61253]を出してしまうと残りが[Q43]となって上がれないし、[T641733]を出してしまうと残りが[Q26]となって上がれない…そんな事態を避けるために、残された時間で一生懸命考え、理想解を見つけましょう*9

f:id:hana3101382283:20200914224039p:plain

f:id:hana3101382283:20200914224010p:plain

ま、流れたんですけどね。

相手が出したのが素数ではありませんでした。この時点で僕の勝ちは確定です。

f:id:hana3101382283:20200914224243p:plain

[61X7453|X=8]を出しました。勿論[5274163]でも良かったのですが、実はこの時「コツ無し色」を忘れていたので「老い花死後」にしました。どうせ相手はKKKTTTJを出せないから、ここでXを使おうが使わまいが勝てるのですが、念には念を入れてXは最後まで残したいですね*10

f:id:hana3101382283:20200914224921p:plain

f:id:hana3101382283:20200914224934p:plain

予定通りKKKTTTJを出した後に残りのQ23を出して僕が勝ちました。

以上が7枚出し戦法の実践例①でした。最初は分けるのが難しく、1分じゃ時間が足りないでしょう。しかし慣れてくると「なんとなく」で組み切れるようになります。練習あるのみです。

1手目に強い素数で返されたら?

また、今回は[3974683]→[6187453]→[KKKTTTJ]→[Q23]の流れで上手くいったのですが、もし[3974683]を[KKTQQQJ]で返されていたら[6187453]を出せず、話は変わってしまいます。ここで[KKTQQQJ]を出されたら、絶対に[KKKTTTJ]を出さずにパスしましょう。ここで出してしまったら、手番は取れても絵札が[QX]の2枚だけなので、次の一手で止めを刺せなければ自分が不利になります。[KKTQQQJ]を出したせいで相手の手札には絵札が少ないため、まだ自分が有利のままです。グッと我慢しましょう。

f:id:hana3101382283:20200914224039p:plain

仮に7枚→7枚→10枚で組み切れるのなら出して構わないのですが、まぁ難しいでしょう。[KKTQQQJ]を[KKKTTTJ]で返したら[QX|X=K]→[57]→[326143*11]で上がれるなー、なんて1分じゃ思いつかないでしょう*12

さらに言うと、絵札が少ない相手は[1729]で革命してくると思うので、なるべく手札にAを1枚は残すことを心掛けましょう。革命されると、自分が有利から不利状況になった気がしてイラつくかもしれませんが、(上の状況を例に挙げると)実際には「自分はA1枚+X1枚」、「相手はA3枚」、「山札には(Kのために使った)X1枚」という状況なので不利になったわけではありません。冷静になって、チャンスを窺いながらプレイしましょう。

実戦②

f:id:hana3101382283:20200915115729p:plain

これは先日、チーナさんと戦った時の場面です。ゆるゆりのキャラソンは全体的に2期のが一番好きです(歌・パッケージ両方とも)。

ここでは[KKXQQQJ|X=K]を切り札にして7枚出し戦法をすることにしました。1~T全部1枚はある状態です。

Kを3枚持っていても[KKKJJJJ],[KKKQQJJ],[KKKQQQJ]のどれも出せない手札だと7枚出し戦法は失敗に終わるので注意しましょう*13

f:id:hana3101382283:20200915120259p:plain

1手目は2枚以上ある1,7,8,9を使う「781429x(千葉石肉)」を出しました。Aは2枚あるのですが、「7枚14桁素数→革命」のコンボをされた時のために取っておきたいのでXには9を選びました(ですが、コンボを食らってもどうせカマトトで取り戻せるので、Aを選んだ方が良かったです)。

f:id:hana3101382283:20200915120937p:plain

チーナさんが出した素数[884437x]は四つ子素数で、「ババジジ皆」で知られています。

僕は上のように出して勝ち確です。

f:id:hana3101382283:20200915121409p:plain

この後チーナさんが出した[5TKQ6x]も四つ子素数で、「後藤君アフロ」で知られています。似たような四つ子素数「2TKQ6x(ニート系アフロ)」と共に覚えてみては如何でしょうか。

f:id:hana3101382283:20200915121716p:plain

そんな感じで勝てました。以上が実践例②でした。

まとめ

7枚出し戦法のために必要な条件は

  • 7枚7,8桁四つ子素数ピンク色素数水色素数をある程度覚えていること
  • 「K3枚以上かつピンク色の素数を出せる」or「K4以上かつ青色の素数を出せる」手札であること
  • 1~Tの10種類中8種類以上手札にあること

をすべて満たしている事です。

また、1手目を大きな素数で返されたら、我慢強くパスして次のチャンスを待ちながらプレイしましょう。

終わりに

以上が僕の好きな戦法・7枚出し戦法の紹介でした。ぶっちゃけK3枚以上引く機会はそんなに多くないし、引けたとしても数字が偏ったりして決行する場面は少ないです。それでも、いざ条件が揃えば強力な戦法になるし、なにより成功したらカードゲームならではの「状況を自分の思い通りにコントロールしてる気分」を味わえて気持ち良いし、楽しいです。皆さんも是非試してみて下さい。

「1手目を大きい素数で返されたらストップせざるを得ない」という大きな弱点があるのですが、それでも相手に絵札を数枚使わせているので十分有効な戦法です*14

7枚,7枚,10枚で組み切れるようになれば、より完璧な戦法になるのですが、残念ながら僕にそんな素数力はありません。まだまだ研究が必要です。

この記事はこの辺で終わりにしようと思います。ご精読ありがとうございました!

 

www.movic.jp

*1:途中までは「絶対関わりたくないタイプの悪役だー」という印象だったのですが、最終戦後にナチチとの会話シーンで何故か笑えてしまい、大好きになりました。ナチチも言ってたように「何を言っても無駄」という感じが羨ましく、微笑ましかったのかもしれません、僕もあの探究心と精神力を見習いたいです。

*2:まぁ絶対に関わりたくないですけどね、何なら人間辞めてたし。

*3:この作品にハマったのは先月なので、映画館では見られませんでした。

*4:素数大富豪のオンライン大会です。良ければこの記事も見て下さい。

 

hana3101382283.hatenablog.com

*5:「665563x(むむ、コッコロさん)なんかは3.4種類しか使わないし、7種類だけでも7枚出し戦法は可能では?」と思う人もいるかもしれません。しかし僕が何度も実践してみて、「8種類以上無いとムリ」という結論を下しました。実の所、どれか一つ欠けてるだけでも難易度が跳ね上がります。

*6:僕は残り時間5秒を目安にしています。

*7:場に出そうとした札を全部戻すためには1枚1枚クリックする必要があるのですが、素因数部分に並べた札は「キャンセル」1つで戻ります。強い人は皆使っているテクニックです。

*8:絵札が余り過ぎて[877QJTx]や[2TQJ68x]を出せればベストです。

*9:[T264153]→[KKKTTXJ|X=T]→[Q37]かなぁ

*10:もしここでXを先頭に使い、次の手番で山札のトップがXならば絶対に引きましょう。相手に引かれたら[KKKQQQJ]等で返されてしまいます。

*11:32614Xは四つ子素数

*12:[3974683]→[KXTQQQJ|X=K]→[KKKTTTJ]→「パス」の時点でK4枚とX1枚は山札に行くため、確実にQKが通ります。相手はKを持っていないのでKT以上を出すことが出来ませんから。

*13:さらに言うとK3,Q2,J2ピッタリだと相手も[KKKQQJJ]を出せてしまいます。まぁ、こっちの出す[KKKQQJJ]に反撃できるわけでもないので「だからなんだ」という話になりますが。

*14:相手からすると「こうしなきゃ負ける」という思いからの苦渋の選択なのです。中断するのはムカつくと思いますが、相手も同様にムカついているのです。

3TKの7枚出し講座①・7,8桁四つ子素数

どうも、北大素数大富豪同好会の3TKです。北大も夏休みに入り、麻雀とオセロで時間を潰す日々を過ごしています。以前と同様にTSUTAYAでマンガを借りたりもしてます。最近面白かった漫画は「よつばと!(あずまきよひこ作)」です。アニメ化されてないのが残念です。

12月から1か月に1記事のペースを守っているので、今月も書こうと思います。この記事ではタイトルにあるように7枚出しの講座①・具体的には「7枚出しを覚える利点・覚えるべき7枚四つ子素数」の紹介です。来月開かれる素数大富豪大会・マスプライム杯に役立つかもしれませんし、ぜひ読んでみて下さい*1

7枚出しを覚える利点

①大きい

大きいです。それ故に下記のようなことが起こりえます。

f:id:hana3101382283:20200824155848p:plain

ゲストさんとの対戦です。とりあえず7枚出しをしてみました。(781429Xは四つ子素数)

f:id:hana3101382283:20200824155957p:plain

f:id:hana3101382283:20200824160026p:plain

するとゲストさんは素数でない数を出してしまい、再び僕の手番に。

このように相手が全然知らない大きさの素数を覚えれば、それを切り札として使うことが出来るのです。

②24枚の手札を7→7→7→3で組み切れる。

これは中級者以上のプレイヤー向けの話になります。

初手から全出ししてペナルティ手札が24枚になる、というのは良くある話だと思いますがそれを7枚素数*3+3(4)枚素数に分けることが出来れば堅実な勝利へと繋がるのです。

f:id:hana3101382283:20200824162236p:plain

実践例を見てみましょう。ゲストさんとの対戦で、先行は僕。お互い全出しするもペナルティを食らい、両者共に手札24枚。

f:id:hana3101382283:20200824162401p:plain

まず最初に7枚出し。(523468Xは四つ子素数)

f:id:hana3101382283:20200824162531p:plain

ゲストさんは7枚7桁素数で返してきましたので今度は7枚8桁素数でラリー、実はこの時僕の勝利は確定しています。(T86529Xは四つ子素数)

f:id:hana3101382283:20200824162654p:plain

f:id:hana3101382283:20200824162912p:plain

相手も頑張って返しますが、時すでに遅し。KKQJQTJでトドメを指します。

f:id:hana3101382283:20200824163004p:plain

相手は返すことが出来ず、僕の勝利となりました。このように7枚素数をいくつか覚えることによって24枚もの手札を優勢のまま着実に減らし、安全に組み切れる戦法「7枚出し戦法」が出来るようになります。僕はこの流れで勝てた試合が沢山あります。

まぁ最初はそう簡単に分けれるものでもありませんが、練習すれば適当にやっても出来るようになりますよ。

 何から覚えるか

いつぞやの5枚出しの記事と同じように「数字がバラバラな7枚から作れる素数」から手を付けていきました。ただ13c7(=1716)個は多すぎるので、1~Tの10種類に絞りました。

それがこの素数表です。

f:id:hana3101382283:20200824125222p:plain

<a href="https://kutar.up.seesaa.net/image/7E69E9AE587BAE381972817ET29.xlsx">7枚出し(1~T).xlsx</a>←上の素数表を作ったエクセルです。語呂や配色が気に入らない人は変えてみるのが良いでしょう。

説明していきます。

  • 左の表の左サイドの数字は「7種類の数字」、右サイドの数字は「左のを並び替えた素数」です。
  • 緑色素数は「四つ子素数」です。
  • 紫色素数は「沸騰ゴミ虫素数」と言って、8T53641,8T53647を表します。偶数消費5枚の素数です。四つ子素数と異なり3,9は付きません*2
  • 赤色素数は「7種類の数字を並び替えて作れる数の中で一番大きい奇数」を表します。
  • 黄色素数は「7種類の数字を並び替えて作れる数の中で二番目に大きい奇数」を表します。
  • オレンジ色素数は「7種類の数字を並び替えて作れる数の中で三番目に大きい奇数」を表します。
  • ピンク色素数は「6枚でも出せる素数」を表します。
  • 無色の素数は上記のどれにも該当しない素数です。
  • 右の表は「この素数表に使われた四つ子表一覧」で、数字のみでは覚えにくいため語呂を付けました*3水色の四つ子素数は偶数4枚消費、青色の四つ子素数は偶数5枚消費です。
  • 覚えるべきなのは緑色紫色素数です。他色の素数僕ですら使ったことが無いので覚えなくても大丈夫です。
  • 右の四つ子一覧から覚えるよりかは緑色素数を覚えるついでに四つ子素数を覚えるのがオススメです。語呂は自作の方が頭に入りやすいので、どんどん書き換えていきましょ~。

説明は以上です。上級者からすると実戦で全く役に立たない素数だとは思いますが、これ+7枚出し講座②で紹介する7枚14桁素数を覚えれば手札24枚からの組み切り力がグンとアップします。なので今は頑張ってこれらを覚えてみて下さい。

これ以外のおススメ四つ子素数

  • 665554X(完全偶数消費四つ子素数。5を3枚も消費できるのも◎)
  • 665563X(むむっ、コッコロさん。プリコネは神ゲー*4。)
  • 997321X(7枚7桁最大の四つ子素数。9876TXよりも大きい6枚出しとしても応用できます。)
  • 51K279X(コイキングに泣く。5J3279Xとして出すことがしばしば。)

絵札3枚以上の四つ子素数

  • K23Q8JX(キング兄さんクイーンはジャック。この自作語呂を気に入ってるのですが、K使うし大きさは微妙、性能はイマイチです。)
  • 2TQJ68X(偶数5枚消費四つ子素数。)
  • 86JKT7X(ハムJKとな。)
  • 877QJTX(バナナQJTX。覚えやすさ最優秀賞。)
  • 69QTJKX(ロックキュートJK。二刀流*5には[KTQJ]と[169],[679]の組み合わせは無い為、これが役に立ちます。)

です。

他にも7枚出しの四つ子素数は数えきれないほどあるので、気になる方は下のサイトを見てみて下さい。

primedaifugo.fandom.com

初手に最後に紹介した絵札3枚以上四つ子素数を出せるのであれば是非出してみましょう。まず相手の初期手札に絵札が2枚以下の場合が約20%もあるので、返されない可能性が少なくとも20%もあります。その上トッププレイヤーと言えども絵札3~6枚の素数をすべて覚えているわけでもないので、知ってる素数で返される可能性は40%にも満たないと言っても過言ではないでしょう。特にロングゲーム*6になると絶対に勝て無さそうなプレイヤーと戦っているのであれば迷わず出しましょう。ロングゲームの勝敗は覚えてる素数量がモノを言わせるため、何年もやってるような古参プレイヤーが有利になるのは言うまでもありません。だったら初手に一か八かで40%くらいの賭けに持ち込むのが良いんじゃないかな、と思うのです(3TKの意見)。

ちなみに利点①のような初手7枚7桁素数出しは強プレイヤー同士の試合では愚策としか言いようが無いのですが、実力がかけ離れたプレイヤー相手の試合では有効な策なのかもしれませんね、長引かせた所で勝ち目ありませんし。一つの策として視野に入れてみて下さい。

もう書くことも無いので、この辺で終わりにします。

次回予告

次の記事は7枚出し講座②で「7枚14桁素数」「絶対に知るべき安全ライン」「7,7,7,3の組み切りのコツ」の話をしていきたいと思います。

ご精読ありがとうございました。

*1:僕もエントリーしました。決勝大会進出を目標に頑張ります。

*2:ついでに言うとJ,Kも付きません

*3:素数大富豪Wikiさんからお借りした語呂もあります。

*4:アニメ2期も楽しみです。サレンディア救護院の子達出ないかな?f:id:hana3101382283:20200826192936j:image

*5:相手のカマトト→お化けのコンボを避けるための先行戦術の事です。

 

hana3101382283.hatenablog.com

 

*6:お互いに手札20枚以上ある状態

素数大富豪 HNP杯 自戦データまとめ

1.試合結果

 予選

1試合目 vs阿武隈さん 勝利(2-0) 先手勝 後手勝

2試合目 vsカステラさん 敗北(0-2) 後手負 後手負

3試合目 vsはちさん 敗北(1-2) 後手負 先手勝 先手負

4試合目 vsかいたいさん 勝利(2-1) 後手勝 先手負 先手勝

プレーオフ

1試合目 vsささらさん 勝利(1-0) 後手勝

2試合目 vsかいたいさん 敗北(0-1) 後手負

本戦トーナメント

1戦目 vsドゥーさん 勝利(2-0) 先手勝 後手勝

2戦目 vsHokutoさん 勝利(2-0) 後手勝 先手勝

3戦目 vsなきゃのさん 勝利(2-1) 先手勝 先手負 後手勝

4戦目 vsnishimuraさん 敗北(1-2) 先手勝 先手負 後手負

決勝トーナメント

1戦目 vsカステラさん 敗北(1-3) 後手負 先手負 先手勝 後手負

通算成績:6勝5敗

 

セットごとにみると、

先手:8勝6敗 勝率0.571

後手:6勝6敗 勝率0.500

合計:14勝12敗 勝率0.538

2.出した素数の紹介!

f:id:hana3101382283:20200704212952p:plain

f:id:hana3101382283:20200704212956p:plain

HNP杯で出した素数まとめ。青色が四つ子素数で、赤文字が出会い素数です。

 沢山試合やっただけあって、色々な素数があります。全部が3TKおススメ素数なので、是非覚えてみて下さい♪

「○枚クラス」なので、試合中に[44A23]と出していても、それは[44Q3]と認識されて4枚クラス扱いになります。とりあえず各枚数ごとに紹介・考察(?)したいと思います*1

1枚クラス

KとX(ジョーカー)のみ。これは相手の1枚出しを嫌がらせ半分で最大にして返してるだけです。時には合成数カマトトもしました。

もし自分が先手で手札にXが2枚あれば1枚出しを軸に組み切れたりするのですが、そんな場面は来ませんでした。

2枚クラス

グロタンカット。

2枚出し素数は全部覚えてます。[T3]や[TK]は2枚で出すよりも、革命時にXを絡めて[AX3|X=0],[AXA3|X=0]として出すほうが多いですね。

3枚クラス

3枚出しは主に上がり素数*2で使います。

3枚出しも(上位互換だけなら)全部把握出来てると思っています。

先手の手札にKKJがあれば3枚素数KKJ→5枚素数という組み切り方があるのですが、5枚出しまで確実に決めるのは難しいのであまり見かけません。

4枚クラス

上がり素数、オバケ*3のつなぎ、革命など多数の役割を持つので大会で1番見かけるであろう枚数。

4枚出し素数は莫大にあり、それら全て覚えている人は極一部の古参プレイヤーだけではないでしょうか。僕が覚えているのはある程度の4桁素数と4枚7.8桁素数にオマケ程度の4枚5桁くらいです。4枚5.6桁を覚えていない事が仇となる場面*4は時折あるけど、それでも覚える気は一切ありません。上位陣に勝つためには1つの枚数素数に専念して覚えるのではなく、多様な枚数素数をある程度ずつ覚えていないといけません。

また近頃、オバケは上位プレイヤーの標準装備となりつつあります。KKQTをKKQKで返され、KQJKをKKTJで返され…KKQT未満は切り札として使えないのでは?と思ってしまうレベルです。*5

オバケ対策で習得した4枚二刀流は大会では役に立たなかったのですが、その存在のおかげなのか、4枚出しするとなぜか対戦相手はカマトトせずに絵札使った4枚で返すようになりました。この状況が続けば9KTJを切り札にして組み切れる環境に逆戻りするかも?w

5枚クラス

5枚出しの記事を書いただけあって、そこそこ出しました。手札を削りたい時にとりあえず5枚出し。返されないことを願っていたりそうでなかったり。

HNP杯ではOTTYさんが5枚最強素数[KKQKJ]を上回る合成数[KKKTT]を出していました。まぁoverKJQJとは異なりまだ環境に根付いていないので、KKQKJを出す時に返される心配する必要は無いと思われます。

余談ですが、相手の手札がカマトトで24枚になっていても[KKQTJ]は滅多に返されません*6。先行の初期手札で[KKQTJ]が出せれば5枚素数→KKQTJ→1.2枚素数で勝てるでしょう。

6枚クラス

僕の苦手な枚数です。しかしHNP杯に拘わらず素数大富豪大会決勝準決勝で良く出されるのが6枚出しです。

強い人たちは初期手札11枚を初手6枚11~12桁⇒5枚で組み切ることができます。

初期手札の絵札枚数は50%で3.4枚、17%で5枚、7%で6枚だそうです*7。そのため絵札5枚以上使った素数を初期手札で返される可能性は低いのです。

その6枚11~12桁はHNP杯決勝トーナメントのnishimuraさんVSOTTYさん戦やカステラさんVSnishimuraさん戦でも見かけました。さらに言うと、前オンライン大会の雪華流星戦ファイナルでは結構見かけました。つまり!強い人たちは6枚11~12桁素数をたくさん覚えているのです!僕も強い6枚出しを沢山覚えれば優勝できるかも?

 

7枚出しクラス

「最初の4枚出しをカマトトされることを前提に、4⇒7で組み切ればいいじゃん!!」

という発想から7枚出しを覚え始めました。はじめに覚えたのは7枚四つ子素数です。*8

7枚出しはHNP杯で大活躍。初手全出しチャレンジ失敗から手札24枚を7枚→7枚→7枚→3枚で組み切った試合もありました*9手札にKとジョーカーを合わせて4枚以上持っていればKKKTTTJ以上の素数は絶対に返されないし、相手から出されることも無いのがポイントですよ。

f:id:hana3101382283:20200706214820p:plain

例えばKとXを合わせて4枚持ってる画像の手札なら[6187453]→[KKKTTTJ]→[Q23]で100%勝てます(相手はKを2枚しか持っていないためです)。

また、KとXが合わせて3枚しか持っていなくても、KKKJJJJ,KKKQQJJ,KKKQQQJ,KKKKQTJは絶対に返されません*10

f:id:hana3101382283:20200706220431p:plain

この手札なら[8T53647]→[KKKQQJJ]→[65Q9]でも[8T53647]→[KKKQQQJ]→[65J9]で組み切れますね。ここで絵札用いた4枚素数を覚えているかどうかが勝敗の分かれ目です。

ちなみに618745X(老い花死後)は四つ子素数で8T5364X(沸騰ゴミ虫)はX=1.7が付きます。紹介したい7枚出し素数は他にも沢山あるので、その内記事を書くかもしれません。

8枚クラス

ここからは四つ子とHNP頼りです。

[2T8Q467X]は四つ子素数で「ふたば胃にシロナ」と覚えます。

9~11枚クラス

9~11枚素数を先行でいきなり出すと相手は驚きます。

僕が強いプレイヤーに勝つためには「先行」を活かすしか無いのです。素数大富豪歴1年の3TKは素数量で大分劣ってるので、ロングゲームになると不利状況は免れません。そのため瞬殺する必要があり、それで思いついたのが「4枚二刀流」や「9枚出し奇襲」といったゴリ押し戦法です。

また、何十枚もある手札を減らすために出したり、勝負の切り札として用いたりします。返された場合のことは何も考えていません。

[4468225QX],[4469718TX],[44697Q67X]は四つ子素数で、「シズルはににこクイーン」「シズルクナイ野獣」「シズルクナイ風呂な」で覚えられます。

[8T687937X]は四つ子素数で、「蛍花草菜」で覚えられます。

[39TJ2452X]は四つ子素数で、「さくひま良いに横に」で覚えられます。

[885544T3TKX]は四つ子素数で、[ババアGOGOししとう3TKX]で覚えられます*11

下の記事にも書きましたが、9枚出しなど大きい素数は最初の語呂が好きなものの四つ子素数から覚え始めるのがオススメです。

 

hana3101382283.hatenablog.com

 12枚以上

折角覚えた大きい素数は出したいから出します。それだけです。

素数大富豪大会で勝ち進むのに12枚以上の素数は要らないというのが僕の自論です。とっても大きい素数を頑張って覚えて、いざ実戦で出そうとしても「ああ~、あと1枚…あの札があれば出せるのに…」ということが頻繁にあり、出したかった素数も出せずに負けてしまうのは素数大富豪プレイヤーあるあるです。大会で出そうとカマトトばっかりしてるといつの間にか負けてる事もあるので注意しましょう。大きい素数は覚えて満足、遊ぼう会で出して満足。

ちなみに17枚クラスの[3282T81T81QJJ379X]は四つ子素数で、HNP杯で出た素数の中で一番大きい素数だそうです。「みつばふたばひとは1QJJスナックX」で覚えましょう。

まとめ

優勝を逃してしまいましたが、楽しかったです。退屈な自粛生活の中、良い暇つぶしになりました。勝つためにどんな素数を覚えようか、どんな素数表を作ろうか、この素数の語呂は何にしようかな、この手札からどう組み切ろうか…そう考えるだけでワクワクしました。

次の蝉王線では優勝したいです*12!蝉王戦に向けて、大きい素数を覚えるZO~

この記事はこの辺で終わりにします。ご精読ありがとうございました。

 

*1:2020年7月の視点で

*2:winning primeの方が伝わるのでしょうか

*3:overKJQJ。詳しい説明はこちらの記事に。

 

hana3101382283.hatenablog.com

 

*4:惨い肉

*5:それでもKJQJを返せる合成数として覚える価値は十分にあります。

*6:予選のtatyamさんVSマモさんの試合ではtatyamさんの[KKQTX(X=J)]をマモさんが[KKQXJ(X=K)]で返していましたが、あれはマモさんの運が良かったのであって、普通KKQTJは流れます。

*7:もりしーさんの記事より

prm9973.hatenablog.com

*8:4枚二刀流を覚え始めたのは、その半年後。

*9:手札25枚を7枚→7枚→7枚→4枚で組み切れると思いきや最後の4枚出しを間違えて失敗した試合もありました。惨い。

*10:もしこちらがXを使わずに[KKKQQJJ]を出したとしましょう。Kは4枚だけなのでX2枚をKとして使う必要があります。しかしQは相手が2枚持っていたので、手札には最大2枚までしかありません。よって、[KKKQQJJ]以上の素数を返すことは出来ません

*11:素数大富豪古参プレイヤーのもりしーさん直伝素数です。

*12:3TKの予選の相手ははちさん、けんさん、ししとうさん、もりしーさん、tatyamさん、カステラさんの6人です。おそらく予選で終わるでしょう。6戦じゃ足りないのでサブ大会にも出させて下さい。

overKJQJ(通称オバケ)特集~

どうも、3TKです。6月になって北海道は随分と熱くなりました。素数大富豪も授業もオンラインのみ、人と交流する機会がなく面白い事もないので最近はTSUTAYAで漫画を一週間に10冊のペースで借りる習慣が出来ました。*1。「魔法少女サイト」「LIAR GAME」「涼宮ハルヒの憂鬱」「咲」「CITY」「めだかボックス」「幼女戦記」「ぐらんぶる」「少女終末旅行」などなど、とりあえず有名ものを読んでます。

さて、今日は近頃大会で目にする「overKJQJ」について取り上げたいと思います。

overKJQJ(オバケ)とは?

overKJQJ(オバケ)とは文字通り「4枚出しで1番大きい素数であるKJQJ(13111211)より大きい合成数出し」のことです。(「合成数出し」が分からない人は補足を見て下さい*2。)また、2枚出し最強のQKや3枚出し最強のKKJより大きい合成数もoverQKやoverKKJと呼ばれたりして、どちらも「オバケ」という名称で知られていたり知られていなかったり。

overKJQJ(オバケ)とか、使ってるのは極一部の人だけじゃないの?

そうでもないのです。去年の今頃こそ2.3人がオマケ程度に覚えていただけなのかもしれませんが、今となってはあらゆるプレイヤーが習得しています。

素数大富豪オンライン大会「HNP杯」というのが開催中ですが、その予選試合だけでもoverKJQJ(オバケ)は僕3TKが2回(KKQT,KKKQ)、阿武隈さんが1回(KQJK)、はちさんが2回(KKQK,KQJJ)、かいたいさんが1回(KKKQ)、ししとうさんが1回(KKTJ)、ドゥーさんが1回(KKTJ)、OTTYさんが1回(KQQJ)、ささらさんが1回(KKTJ)で42試合*3計10回も出されています。

f:id:hana3101382283:20200618090036p:plain

前回の記事に出てきた、こなたさんもオバケを覚えていましたね。かなりの実力者なのに大会に出場せず、謎に包まれているこなたさん。その正体はいったい…

といっても、人によって覚えてるオバケの数は異なるでしょう。僕のオバケは「KKKQ,KKQT,KQJK,KKQK」の4つだけですが、全部覚えてる人もいるかもしれませんね。

 

f:id:hana3101382283:20201119215102p:plain

この表の合成数が所謂「オバケ」というやつです

なぜ強者はオバケを覚えるのか

オバケだけが持っているメリットがあるからです。主に3つです。

①相手が先手だったとき、2手目のKJQJを返せる。

f:id:hana3101382283:20200625222005p:plain

KJQJを覚えてればもう初心者卒業だと僕は思うのですが、

ガチ勢からするとまだまだ初心者だそうです…

 

「相手のKJQJを返せる」、このためにガチ勢はオバケを覚え始めたのです。例として1試合紹介します。

f:id:hana3101382283:20200531150447p:plain

いつぞや、こなたさんと戦った時の写真です。ジョーカーを使えばKJQJが出せます。

f:id:hana3101382283:20200531151617p:plain
f:id:hana3101382283:20200531151643p:plain

しかし最初にKJQJを出した所で僕は残りの7枚で知ってる素数を作れないので*4最初は適当な4枚出しをして、その上にKJQJを載せる作戦で行くとKJQJを出す前にカマトトされて相手の手札が24枚になりました。

f:id:hana3101382283:20200531152109p:plain
f:id:hana3101382283:20200531152122p:plain

その後に4枚出し最強素数であるKJQJを出しても~*5、オバケで返されてしまうのです。

②1つもオバケを知らない人相手には、絶対的な切り札になる。

簡単な話です。仮にも1千万を超える数字の素因数分解を1分じゃ出来ないでしょう?オバケを知らない彼らにとって、4枚出し最強はKJQJ。オバケを出されたら、パスせざるを得ないのです。(僕はこのような事態を避けたいがためだけにオバケを覚え始めたわけですが)

③一気に手札を10枚ほど減らせる

例えばKKKQ。KKKQ=2^4*3*273569より、これを出すためには「K」3枚、「Q」、そして「2」「3」2枚、「4」「5」「6」「7」「9」1枚ずつ必要になります。計13枚、つまりKKKQを出すことで手札を13枚減らせるのです。

補足ですけど、今のトッププレイヤー達は初期手札が悪い*6とドロー⇒全出しをします。運が良ければ1発KOで勝利、そうでなければ手札が24枚になるだけです。ぶっちゃけ初手全出し率はそこそこ高いので、24枚スタートが基本です。それをグロタンカットや4枚出し等でチマチマ減らしながら、オバケで一気に減らして止めを~という作戦もあるのです。

素数大富豪で勝つためには、オバケを覚えないとダメ?

そんなこともありません。
オバケを覚えるくらいなら4枚二刀流を極めましょう。そっちの方が覚えやすいし、勝ちに繋がります。

hana3101382283.hatenablog.com


オバケはエクゾディアではないのですから「出した瞬間に勝ち」とはなりません。「オバケをうまく活かして勝ち組み切る」必要があり、それには優れた腕前が必要なのです。せっかくオバケを出したものの、残りの手札で素数を作れず~><というのは何度も経験した話です。

何から覚え始める?

ここで、先程の合成数表を見てみましょう

f:id:hana3101382283:20201119215102p:plain

[http://合成数出し集.xlsx](上の表のエクセル[原本]です。自分好みにアレンジしてみて下さい。)

【追記(2020/11/19)】

「KKQJ=43*3X5377|X=0」もKKKQと同じように絶対返されない合成数だと判明しました。表ではKKQJ青太文字に変更しました。盲点だったなぁ(*´ω`)。皆さんも覚えましょう(?)

 

 

 

素数大富豪大会に出る人は絶対「KQ=2^5*41」「KK=101*13」「KKQ=2^4*283*29」を覚えましょう。そして4枚オバケに手を付ける人は最初に「KKKQ=2^4*3*273569」を覚え始めましょう。先手でKQ,KKを出せる手札であれば、それを軸に組み切るようにしましょう。

f:id:hana3101382283:20200625111731p:plain

こんな風に。「8Q23」は素数です。

この時、残りの手札全部で素数を作れるようになりましょう。絵札使った4枚出しは難しいので、最初の2枚出しで絵札を消費するとGOOD。

その後は適当に覚えていきましょう。水色と緑色は放置するのがベターです。よく見かけるのは「KJKQ」「KQTJ」「KKTJ」「KKQT」辺りですかね。…一言付け加えるならなるべく大きいのを覚えるのがいいかもしれませんね。何故かって?KKQTを出されてもKKQKで返し、KQJKを出されてもKKTJで返すプレイングが出来るからです‼なんてハイレベルな戦いなのでしょう!*7

役立つサイトのご紹介

オバケを覚えるのに使えるサイトを紹介しましょう。

f:id:hana3101382283:20200624231212p:plain

素数大富豪プレイヤーの一人、nishimuraさんが作成したおばけの部屋というサイトです。画像を見ての通り、いかにもオバケを出せそうな手札からスタートします。

「余分な枚数」とは「オバケを出した後の残りの手札枚数」で、「ジョーカー率」は「何割の確率でジョーカーを持っているか*8」です。最初は「余分な枚数」も「ジョーカー率」も「0」に設定するのがおススメですよ。*9

f:id:hana3101382283:20200624232110p:plain

「生贄」とは合成数の素因数部分のことで、「6」を出す時に使う「2」や「3」のことです。画像の場面では「2,6,2,1」と順番に押してから「生贄」を押しましょう。

「生贄(指数)」とは「8=2^3」の「3」の部分です。この場合では『「2」→「生贄」、「3」→「生贄(指数)」、「8」→「場に出す」』を順番でやります。

f:id:hana3101382283:20200624232715p:plain

今回は「余分な枚数」が「3~5」に設定されていたので4枚余りました。やはり最初は0枚に設定しましょう。

f:id:hana3101382283:20200624232949p:plain

下の「ヒント?」を押せば答えが見れます。分からない時に活用しましょう。

終わりに

最後まで読んで頂きありがとうございます、異常がoverKJQJ(オバケ)の説明でした。「これを機にオバケを覚え始めるか~」なんて声があれば嬉しいですが、別にオバケを覚えていなければ大会に勝てない、なんてことはありません。「強い人は素数だけじゃなく合成数も覚えてるんだ~」なんて事を理解して頂くだけでも嬉しいです。

 この記事はこの辺で終わりにします。ご精読ありがとうございました。

 

 

 

*1:僕は借りた漫画を1週間で2周しています。僕の頭だと、1周しただけでは理解出来なかった部分がたくさん発生して「何となく面白い漫画だったなぁ。良く分かんなかったけど、最後に主人公が報われてヨカッタ!」という感想だけで終わってしまうからです。2周することでようやく登場人物の行動の目的・トリック、そして作者の凄さが読み取れるのです。

*2:例えば「6」は素数ではなく、「6=2*3」と素因数分解されます。「6」を出すだけでは「素数ではありません」と言われてペナルティーを受けるだけですが、「2」「3」「6」のカードを使って「6=2*3」と言いながら「6」を出すと、「合成数出し成功!」ということで場に出せます。尚この時同時に「2」「3」を出す必要があって、その2枚は山札へ消えます

*3:2回のプレーオフを2試合として計算しています

*4:ちなみに「6T291x(武藤憎いx)」という四つ子素数を使ってKJQJ→57→6X29J|X=Tで100%勝てたのですが、そんな四つ子素数を誰が知っているでしょうか。別に、こなたさんにオバケを出させるためにそうしなかったとか、全然そんなんじゃないです。

*5:ちなみにX92KJQJ|X=9が素数だったのですが、この時点では4枚二刀流に手を付けてなかったので知らなかっただけです。別に、こなたさんにオバケを出させるためにそうしなかったとか、全然そんなんじゃないです。

*6:「手札が悪い」の定義は人それぞれで、例として「絵札が0枚」「絵札が3枚以下」「KKJやKJQJなどの切り札がない」「ジョーカーを持ってない」などがあります。しかし僕は絵札が1枚も無くても初手で知ってる9枚素数を出せるのならば「手札が良い」と判定しているので、良い思うか悪いと思うかは本当にプレイヤー次第なんですよ。

*7:この2つはHNP杯で実際に起こった出来事です。KKQTをKKQKで返されたは3TK(はち戦)、KQJKをKKTJで返されたのも3TK(ドゥー戦)です。しかしKQJKをKKTJで返された試合は、その後粘ったことでなんとか勝てました。やはりオバケはエクゾディアではないのです。

*8:1枚になるか2枚になるかはランダム

*9:ジョーカー率を1にしても上の合成数表の青色合成数(KJQQ,KJKK,KQQT,KKTT,KKTQ,KKJT,KKQJ,KKQQ,KKKJ)は出てきません。嬉しいシステムです。

【素数大富豪】先手必勝!4枚二刀流戦法!

どうも。3TKです。この記事は大会で勝ちたい!と思ってる方には是非読んで欲しい記事です。

素数大富豪界隈で盛り上がってることといえば、あれですね、HNP(Happy New Prime)杯。オンライン素数大富豪で1対1で戦う大会です*1

従来の大会とは変わったところがあって、新しい素数に出会った時は「HNP!」って叫ぶんです(コメント欄で)。そして観客も倣って「HNP!」って叫んで盛り上がるんですよ。それが中々楽しくて。一度だけでも良いので、見に来て欲しいです。「HNP」は2020年素数大富豪界隈の流行語になること間違いなし。*2

ここからが本題です。

素数大富豪大会に出たことのある皆さん、こんな経験ありませんか?

シチュエーション①

f:id:hana3101382283:20200531143006p:plain

これは先日、暇つぶしに素数大富豪オンラインを覗いてみると、部屋にれんちょんさんがいらっしゃったので、二人で素数大富豪した時の画像です。

先手は僕、手札に「KTQJ」があったので4枚→KTQJ→3枚の王道ムーブで攻めます。

f:id:hana3101382283:20200531143623p:plain

 

f:id:hana3101382283:20200531143706p:plain

れんちょんさんは合成数カマトト*3をしてきました(分からない人は補足を見て下さい)。

相手の手札は24枚。僕は予定通り、KTQJを出しました。

f:id:hana3101382283:20200531144137p:plain

するとどうでしょう

f:id:hana3101382283:20200531144219p:plain

相手はKJQJで返してきました。あれだけ手札があるのですから、返されるのは当然と言えば当然なのかもしれません。

f:id:hana3101382283:20200531145755p:plain

3枚しか持ってないので、5枚出しは返せません

f:id:hana3101382283:20200531145823p:plain

4枚しか持ってないので(ry

f:id:hana3101382283:20200531145848p:plain

その後何も出せずに試合が終わってしまいました。上位プレイヤーは沢山の素数を覚えているので、手札さえあれば5枚出しや7枚出しなど朝飯前です。理解できませんね。

話が変わりますが、れんちょんさんと言えば漫画「のんのんびより」を思い出しますね。田舎に住んでる4人の女子小中学生を描いたのんびり日常系作品なのですが、3TKは先日発売された最新刊(15巻)で感動してしまったとかなんとか。15巻を読む前に2巻(ほのかの初登場回)と12巻(しおりの初登場回)を読むことをオススメします。

www.kadokawa.co.jp

シチュエーション②

f:id:hana3101382283:20200531150447p:plain

先程の試合から数日経ち、暇つぶしに部屋で待ってると、こなたさんが来てくれました。大会等で見たことない名前なので、あまり強くないだろうと思っていたのですが…

先手でKJQJがあるので、4枚→KJQJ→3枚の黄金ムーブで攻めます。KJQJは4枚出し最強素数なので、返されることは無いでしょう!

f:id:hana3101382283:20200531151617p:plain

f:id:hana3101382283:20200531151643p:plain

こなたさんも合成数カマトトをしてきました。合成数カマトトをしてくる人は例外なく強者です。つまり、こなたさんも強いプレイヤーなのでしょう。

しかし僕が出すのはKJQJ、こなたさんがKJQJを持っていたとしても出すことは出来ません。この試合は僕の勝ちだ!と思っていたのですが…

f:id:hana3101382283:20200531152109p:plain

f:id:hana3101382283:20200531152122p:plain

!!!!!!

なんという事でしょう!KJQJより大きい数を合成数で返されたのです!これはoverKJQJと言って、強い人たちはKJQJを返すために覚えています。珍しい光景ではありません。

…2つの例を紹介しましたが、実際にやられたことは無かったでしょうか?

僕は数えきれない程に経験しました。せっかくKJQJ持ってて先手を取っても結局返されて負けて…「素数大富豪はクソゲー」、「なにが先手ゲーだよ。先手を取っても勝てねーよ。」本気でこう思ってました。

f:id:hana3101382283:20200531195104j:plain

いつぞやの心境。



しかしこれも対戦ゲームの一つ、どうせやるなら勝ちたいじゃないですか。まずは上位プレイヤーに一矢報いることを目標にします。

トッププレイヤーにも、新たな素数をちょっと覚えるだけで勝てるようになる?

僕はこんなクソみたいなシチュエーションを打破したいと思って1枚の素数表を作りました。それを、同じことを思っているであろう皆様に紹介します。

f:id:hana3101382283:20200721143151p:plain

[http://7枚11桁.xlsx:title](上の表のエクセル[原本]です。自分好みにアレンジしてみて下さい。)

素数表の説明
  • 左の三桁数字○○○をその上の4枚8桁△△△△の後ろにくっつけたものは素数。(例:113KJQJは素数)
  • 三桁数字○○○も並べ方次第で素数になる。(224は4=2*2、357は57→3、339は9=3*3で出す)

つまり!上のシチュエーションのように、最初の4枚出しに全出しカマトトされたら7枚11桁を出して上がろう!

普通に4枚出しで返されたときは、4枚8桁→3枚出しで上がろう!

勝利の方程式は4→4→3と4→7の二通り!

これぞ4枚二刀流戦法!(ババン!)

上の素数表をちょっと覚えて、貴方も4枚二刀流戦法を習得しましょう!

 説明を続けます

  • 水色の枠内は三桁数字○○○を最大素数にした並び替え一覧。「113」なら「311」、「125」なら「521」に並べ替えれば最大素数になります。
  • 素数表の三桁数字○○○は並び替え次第で素数になるため、「357」、「339」を除いて3の倍数でない(「357」は57→3と消費できるので採用)。
  • また、7枚11桁も素数なので3の倍数にはならない。つまり自明で、○○○/3と△△△△/3の余りは等しいことが分かる。*4
  • 素数表をコンパクトにするため、○○○を3桁数字に抑えている。4枚8桁に使わない絵札は最初の4枚出しで消費しましょう*5
  • 4枚二刀流戦法は「先手かつ初期手札で4枚8桁を出せる」時にのみ使える戦法です。それ以外で使うことはありません。

以上で説明は終わります。一気に覚えるのはムリだと思うので、最初はKJQJとKTQJを使った7枚11桁から覚え始めましょう*6

覚えてみた結果

先手勝率がグーンと上がりました。
この戦法、トッププレイヤーであろうと相手が絵札4枚持ってなければ絶対成功するのです。

f:id:hana3101382283:20200531170506p:plain

成功例。相手が誰であろうと関係ありません。

おわりに

僕と同じように、少しでも大会で勝ち数を稼ぎたい人は上の素数表を覚え始めてみてはどうでしょうか?条件下でないと全く役に立たないものの、条件下ではまさしく必殺技に成りますし、なにより5枚出しや合成数を覚えるよりは圧倒的に楽です。

本題から逸れますが、ぶっちゃけ素数大富豪大会で勝つために重要なのは「素数をたくさん覚えているかどうか」より「勝つために必要な素数をたくさん覚えているかどうか」なんですよ。その「勝つために必要な素数」というのは素数大富豪オンラインで何時間も費やしてようやく気付くのです。この記事で紹介した7枚11桁も「勝つために必要な素数」であると思っています。僕は「素数を覚えるのにあまり時間を裂けたくないけど、せっかく出てる大会では勝ちたいなぁ」という人に勝つために覚えるべき素数表・戦略を紹介する記事を定期的に書き続けたいです*7

ま、こんなこと言ってますけど、素数大富豪なんて所詮はゲームなんだし楽しくやれたらそれでいいんですよ。一番大事なのは「好きな素数を増やすこと」なのかもしれません。素数大富豪古参組の二世さんは「大会でやるような素数大富豪は『競技素数大富豪』というジャンルにして、遊ぼう会等でやるような『素数大富豪』とは別物にするべきでは*8」と仰っていました。僕もこの考えには同意で、大会で強い人たちにボコボコにされて嫌な気持ちになっても「大会でボコボコにされたから素数大富豪つまんない。もう二度とやらない!」という考えをせずに「素数大富豪は楽しいけれど、大会は負け続けでストレスだなぁ。『競技素数大富豪』は卒業しよ。」くらいに思っていただけると幸いです。勝ちたいと思っているなら僕をはじめ、色々な方が協力してくれますよ。一緒に強くなりましょう。

この記事はこの辺で終わりにしようと思います。ご精読ありがとうございました。

 

 

 

 

*1:主催者・運営はなきゃのさんです。過去に行われたオンライン素数大富豪大会(禅王戦、雪華流星戦)の主催者・運営でもあります。いつも楽しいイベントをありがとうございます。

*2:2019年の流行語には僕の名前、「3TK」が入ってますよ!

*3:合成数出しに失敗したとき、ペナルティとして素因数部分に使ったカード枚数分も含めてドローする」というルールを利用して、手札枚数を倍にする戦術です。

*4:どちらが余り1、もう一方が余り2だと、7枚11桁自体が3の倍数になってしまう

*5:これが結構難しいです。いざという時は出会うことを祈りましょう。

*6:3で割った余りが異なるため、ごっちゃになりません

*7:我ながら大きなお世話だとも思いますが、まあ親切って自己満じゃないですか?親切は義務じゃないし、された側も感謝するのは義務ではないですし。

*8:これは僕がどこかで聞いたのを思い出して書いてるだけで、二世さんが言おうとしたこととは違う解釈になっているかもしれません。

【HNP杯】予選 3TK-かいたいさん

3TKです。予選最終戦東工大素数大富豪同好会所属の強プレイヤー・かいたいさんです。かいたいさんには先日の雪華流星戦で連勝していますが、Kが4枚来たり先行でKJQJ持ってたりと運が良かったおかげでもあったので、この試合で負けてもおかしくありません。

余談ですが、2020年5月現在、東工大素数大富豪同好会は時々オンライン上で活動しています。また、名古屋大学のとあるサークルもオンラインで素数大富豪(+ヌメロン)を楽しんでいるみたいです。素数大富豪プレイヤーの一人として、あらゆる事が自粛中の情勢の中、素数大富豪の活動をやっているのを見かけると嬉しい気持ちになります。なお、北大素数大富豪同好会の会長さんは麻雀やらプリコネやらで忙しいらしいのでオンライン活動は無さそうです。6月から大学内で新歓活動できれば幸いです。

この試合はキャプチャ(画面内録画)が何故か出来ていなかったので手札の詳細は曖昧です。

1戦目

 かいたいさん先手

初期手札:(567889TTJQ)

か:11511568568123,P

3:D(7),57

3:D(K),367889TTJQK,P

お互い全出し,失敗

か:1729

3:X224:12*11T|X=1

革命されました。手札にはAが一枚もなかったので残りの山札を全部引く感じでカマトト。しかしAは一枚も引けず。おそらく、全てかいたいさんが持っています。ピンチです。

か:88663

3:44699

か:12113

3:%

 

か:6QQTTJ(HNP!)

3:T23947

か:124567

3:X23557|X=1,P

T2394xは四つ子素数で、「塔に咲くよ」と覚えます。

この時かいたいさんの手札は2枚。終わったかと思ったら…

か:D(1)*1,851,P

かいたいさんは上がれませんでした。僕に手番が回ってきました。革命返しをするのは決定なのですが、その前に…

3:8T6879373

か:D(?),%

せっかくなので出してみました、My素数④の蛍素数です。「蛍花草菜x」で覚えます。蛍は田舎の草むらにいるイメージなので、覚えやすいのではないでしょうか。ぜひ使ってみて下さい。*2

3:X729|X=1

か:6521=11^8,P

革命返し

3:4461253

か:912TTTJ,P

このまま攻めます。

3:KJJ

か:%

3:KKKQQJ

か:%

3:859#

 革命返しの後、大量にあった絵札を活かして勝利しました。

2戦目

3TK先手

初期手札:(12233479TQK)

3:D(X),T3

か:KQ=2^111198649*41,P

KQ軸で攻めようと2枚出し。かいたいさんはKK出せそうな雰囲気を醸し出しているが、思考放棄でKQを出すことに

3:KQ=2^5*41

か:KK=101*13

3:%

やっぱり返されました。KQを出すのは初手にしましょう。でないとKKで返されます。(KKなら返されないので、安全に2枚出し→KK→3,4枚出しで組み切りましょう。)

か:864624289

3:%

86462428Xは偶数型9枚型四つ子素数だそうです。皆さんご存じの2T8644Q6X(ふたば虫よい風呂)や4468225QX(シズルはににこクイーン)と同じですね。

か:69493

3:87655=3*2

か:JQQQJ

3:%

か:57

か:11#

6949Xも四つ子素数です。絵札4枚しか無かったのでJQQQJを返せず、かいたいさんに上がられてしまいました。思考放棄はいけませんね。

3戦目

3TK先手

初期手札:(12223457JKX)

3:D(7),57

3:D(T):72223

か:98581,P

3:41XKTJ|X=2#

もし5枚出しを返されていたら1枚引いて4QKTJを出す予定でした。

これで2-1。なんとか勝つことが出来ました。

感想

ギリギリの勝負でした。この試合に勝てたおかげで予選は2-2、本戦トーナメントに進出する可能性は出てきましたが…どうなんでしょう?出来たらいいですね。

 

f:id:hana3101382283:20200523095840p:plain

予選で出した素数

暇つぶしに強い人たちが大会毎に作ってる上のような、出した素数をまとめた表を僕も作成してみました。強い人たちは「上の表から今はこういう時代で~…だから何枚出しが強いから沢山覚えて~…」みたいなことを言っていますが、僕は上の表を見ても何の感想も思い浮かびません。強いて言うなら「9枚出しをたくさん出せたよ!凄いでしょ!!」です…

ま、素数大富豪は勝ち負けにこだわらず楽しめたらいいなと思います。今回はこの辺で終わりにします。ご精読ありがとうございました。

 

 

 

 

*1:かいたいさんがコメント欄に「残りが58…」と書いていらしたので、引いたカードが分かりました

*2:これもふたば素数やシズル素数同様キャラの名前から取ったもので、「のんのんびより(あつと作・KADOKAWA出版)」の「一条蛍」が元ネタです。れんげや小鞠の方が好きなのですが、二人とも数字にしにくかったので蛍になりました。

【HNP杯】予選 3TK-はちさん

HNP杯予選、3試合目は北大素数大富豪同好会所属の強プレイヤーはちさんです。ちなみに僕も一応北大素数大富豪同好会所属です。

先日の札幌杯のライト級決勝で戦った時には0-3で負けてしまいました。今回は2セット先取とは言え、これに勝ってリベンジ成功させたいですね。

はちさんの得意素数は6枚出しらしいのですが、僕は6枚出しなんて大きい素数は全然知らないし、直前に覚えようとすらしませんでした。向こうから6枚出しされないことを祈るばかりです。

1戦目

はちさん先手

初期手札:(14456788899)

は:5233

3:全出しカマトト,P

は:KXJ|X=K

3:%

は:84Q7#

まぁ、どうしようもなかったですね。カマトトで絵札6枚引けたのですが、Kは一枚しか来ませんでした。

2戦目

3TK先手

初期手札:(244556899JQK)

3:D(6),9494256QJ

は:92J2TTQJ,P

3:85K

9494256QJ素数大富豪強プレイヤーnishimuraさんのMy素数で、QJだけでなく「3の倍数にならない絵札2枚の奇数(TK/JJ/QJ/QK/KK)」を付けれます。札幌杯でも9865392QKが切り札となりましたし、本当に便利な素数です。紹介記事貼っておきます。

searial.web.fc2.com

3戦目

3TK先手

初期手札:(445699QQQKX)

3:D(9),446599,P

は:57

は:236678TTJKK,P

6枚出し→9QQQKK(9QQQJJと勘違いしてました)で勝負を決めようとしたのですが、446599は素数ではありませんでした。相手は全出し失敗。

それで再び僕の手番になったのですが…

f:id:hana3101382283:20200510174829p:plain

あ!シズルはににこクイーンが出せる!!

3:4468225Q9

は:953867T13

3:D(4),948QQQKKX|X=J,P

4468225Qxとは、僕のMy素数③シズル素数です。「シズルはににこクイーン」で覚えられます。9枚の偶数消費型四つ子素数!?まぁ、なんて使いやすい!

「返されても残り9枚だし、HNP狙おっかなぁ」なんて思ってたハズが、なぜかドローしてます。おそらく眠かったのでしょう。 

はちさんの出した「953867T1x」は五つ子素数*1だそうです。

は:6T6487(残り9枚)

3:KKXQQJ|X=K

は:D(?),%

はちさんは6枚出し、KKKQQJ持ってたら終わるんでこちらから先に出しました。

一命を取りとめたものの、絵札が一気に消えてピンチ。どうしようか悩んでいると…

f:id:hana3101382283:20200510180154p:plain

あ!シズルクナイ野獣が出せる!!出しちゃえ!!!

3:57

3;4469718T3

は:85422KJJJ,P

3:D(6),QT96311,P

思考放棄で「4469718Tx」を出しました。これも上と同じシズル素数で「シズルクナイ野獣」で覚えられます。思考放棄だったせいで残りが3の倍数だったことに気づかず…><(パスされてたら終わってました)

は:8=2*2*2

3:全出しカマトト,P

は:2

3:X

3:全出し,P

は:全出し,P

考えるのが面倒くさかったのでこのまま全出し合戦でも良かったのですが、無駄に長時間の試合にさせるのは皆さんに悪いと思って適当に7枚出しをすることに。

3:3974681

は:9855443,P

3:877QJT9

は:%

咲くな白歯(397468x)もバナナQJT(877QJTx)も四つ子素数です。ここで合成数KKQTを出せることに気づきました。

3:2T13

は:全出しカマトト,P

3:D(2),KKQT=2*3*5*167*2621(残り手札:246TQX)

は:KKQK=3*379*11549

3:%

overKJQJ同士の勝負に負けてしまいましたとさ、あーあ。

てか皆さんoverKJQJ覚えているのですか?ヤバくないですか?overKJQJ返されるとココロに来るものがありますよ。麻雀オーラスにホーテイ牌*2を親にメンゼン清一色でロンされて一気に最下位になった、その時のショックとほとんど同じでしたね*3

642TQxは四つ子素数、相手がミスすることを願ってドローせずにパスしました。

は:9887654431

3:%

は:QJJTTJ

3:%

は:88129#

感想

負けてしまったものの、楽しかったです。今回はシズル素数を2回も出せましたし。やっぱりロングゲームは楽しいものです、疲れますけど

2戦目の初手多枚出しはやられた側からするとしょーもないのですが(カステラさん戦のように)、やる側は楽で良いですね。9494256QJは絵札が少ないだけまだマシでしょう。

overKJQJは今では沢山の人が覚えているせいで、3戦目のようなoverKJQJ同士の勝負が発生するようになってしまいました。まぁ、便利ですからね。でも僕は覚える気にはなりませんけどね。今回の試合のせいで一層嫌いになりましたので。素数大富豪を楽しむ分にはこんなの必要ないですよ。

 

この記事はこの辺で終わりにしようと思います。ご精読ありがとうございました。

皆もシズル素数使おうね!シズルはににこクイーンx!

*1:x=1,3,7,9,K

*2:流局直前に切られる牌

*3:実話です